職サークル

職サークル企業委員会

【第1回】正しい情報収集の在り方ってなんだろう?

2019/11/18

ネットの情報は様々。正しく活用するには…?

より良い就職と採用のために、企業人事は何ができるのだろうか?
そんな大きなテーマに臨むのが、職サークル企業実行委員会です。
毎月1回、メンバーが集い意見交換しています。その一部を覗いてみましょう。

<参加メンバー>
カトーレック株式会社(市川様、小福様)
内外日東株式会社(手嶋様、伊藤様)
三菱電機ビルテクノサービス株式会社(高橋様)
株式会社リンクアット・ジャパン(半田様)
ユーザックシステム株式会社(樋野様)
株式会社ヨコソー(川部様)
DIRECTLY(木津様)
株式会社パフ(大岡、田代)

パフ:田代さん
皆さん、本日もお集まりいただきまして、ありがとうございます!毎回、より良い就職と採用のあり方をディスカッションするのが職サークル企業実行委員会ということで、本日もテーマに沿って意見交換を進めていければと思います。まず、前回の顔合わせ会の際に、企業実行委員会の皆さんから多く出た意見として「学生の情報収集の在り方」がありました。

三菱電機ビルテクノサービス:高橋さん
学生と対話をしていて思うことは、インターネットなど公に出ている情報収集で満足している人が多いこと。対面で、しかも少人数に対して公開されたものにこそある場合が多いですね。こちらも相手の目を見て、相手を信用して、喋る情報を選びますからね。

リンクアット・ジャパン:半田さん
確かに、高橋さんの言う通りだと思います。社員からの口コミ情報もそうですが、今はたくさん出回っていますよね。大事なのは、情報のソースを知ること。例えば、四季報であれば、東洋経済新聞。数字から意味を読み解くことが求められます。ソースが曖昧な情報orはっきりしている情報を分類し取捨選択する力が求められる時代だと思いますね。そのためには、自分の基準をしっかり持つことが大事です。

カトーレック:市川さん
就職ナビに掲載している会社は、日本にある会社のうちのほんの数百万社なんですよね。視野を広げて、キーワードを他媒体で検索してみるなど、やれることはたくさんあります。インターネットだけではなく、アルバイト先の社員など身近な社会人に相談して視野を広げることも大事かもしれません。

カトーレック:小福さん
自分の学生時代を振り返ると、「口コミ」ばかりを信じていましたよ。特にホームページに書いていない部分(有休取得、残業時間などのコメント)を見ていました。口コミは社員の「ホンネ」が書いていて企業の「リアル」が知れると学生当時思っていたので、かなり重視していました。口コミに何か悪いところが書いてあった時点で企業にエントリーしていなかったと思います。社会人になり、採用担当になって思う理想は、先輩社員の本音を伝える場を持つことです。

内外日東:伊藤さん
口コミは一社員の偏見が含まれているので「一部分の情報である」と認識させることが大事だと思います。同様に、OBOG訪問も一社員だけではなく、必ず複数人会うようにする仕組みがあると情報の精度は増す気がしますね。

ユーザックシステム:樋野さん
情報収集の方法という意味では「リアル業界地図」を作るのも面白いと思います。各業界の企業が表に立ち、人伝いで関係性を聞いていくイメージ。川上から川下まで商流が分かるセミナーとかやれたら面白いですよね。それこそ、働くイメージという意味では、全部動画の就職ナビなんかがあっても良さそう!

内外日東:手嶋さん
学生は、自分にとって良い情報しか集めない事を止めたらいいんじゃないかな。思い込みだけを信じて情報収集を止めてしまうことは良くないと思うんですよね。あと、就職活動って、会社概要を調べるだけでなく、例えば、上京の際に困らない他のシェアハウス・サービス/イベントなどの情報も知っておくと良いと思います。

リンクアット・ジャパン:半田さん
私は、転職してこの会社に入ったのですが、その時は、口コミを参考にしていました。その際に意識していたのは、口コミの中から「事実」だけを抜き取ること。これは練習をした方が良いでしょうね。学生は、各企業情報が掲載されているサービスの仕組みの違い(ナビ/オファー/紹介会社の違い)が認識できれば、なお良いでしょう。

出勤風景を見ると、会社が分かる?!

ヨコソー:川部さん
私も長く人事をしていますが、就職活動の出発点を変えたいんですよね。今の就職活動って何となく業界研究からスタートするじゃないですか。就活も社会に出ることも、何も分からないのに業界軸で入ると、その人にマッチすれば良いのですが…はまらなかった場合、迷宮入りしてしまう。業界とか仕事とか、そういう括りに入る前に、自分にとって本当に良い会社・良い仕事を知るために大切なことは何か?を伝えたいです。

パフ:大岡さん
本当そうだなぁ。「何となく」で絞り込む怖さを伝えたいですね。多くの学生が、業界や仕事を調べたところで、思考停止してしまう。これは危険です。業界で絞ってしまうことで「その業界で一番有名なところに入れれば良いや!」と思いがちですからね。そういう意味では、私たちのような就職支援会社や企業の採用担当が「正しい情報収集の仕方」を伝える必要があると思うんです。インターネットもリアルも口コミも…様々な意見を集約して、結果的に自分なりの解を導くものですし。

DIRECTLY:木津さん
理想はそうなんだけどね。でも学生の頃って、情報の読み方が分からないと目の前にある情報に踊らされてしまうじゃないですか。私も多く学生と会ってきましたが、学生と話す際には、「出勤風景を見なさい」というアドバイスをしているんですよね。あと、会社の周りの飲食店に行き、その企業の社員がどんな話をしているのか聞いてみるとか。取引先を見て、どういう会社なのかを知るとかも面白い。情報収集って、決して正攻法だけじゃないと思うんだよなぁ。

パフ:田代さん
木津さんらしい情報収集の仕方ですね。でも、リアル情報を掴むって本当に大切。学生に一番身近な就職ナビは絞り込むためのメディアです。例え、業界軸を取り払ったとしても、結局、何かで絞ることしかナビはできません。広げるのが役目はないことを学生には理解してほしいですね。

ユーザックシステム:樋野さん
そういえば、夏のインターンシップ合同説明会に出展した時、学生の視点が「業界」ではなく、「知名度」だったなぁと。

ヨコソー:川部さん
知名度に目が行くのは仕方ないと思いますけど、なぜ、「お客様の喜ぶ顔が見たい」と思いで食品メーカーを志望する学生が「フードサービスは嫌だ」というのか分からない。「お客様の喜ぶ顔が見たい」という環境に違いはないハズなのに…。

内外日東:伊藤さん
学生と話していると、「みんな一緒でなければならない」という感覚を受けます。人間、人と違って当たり前で、それで良いということを伝えたいです。

パフ:大岡さん
皆さんから色々な意見が出ていますけど、まずは学生に出会った社会人が、選択肢を山ほど並べてあげることが必要なのかなと思いました。学生が求めているのは「これを見ていれば大丈夫」という安心感。そういう意味では、職サークルで「最低限、これを押さえておこう!」のような本を出すと良いかもしれませんね。

三菱電機ビルテクノサービス:高橋さん
本の出版、面白い!私もTwitterで、学生のためになる「採用担当のつぶやき」を書き続けているので、一緒に宣伝しようかな。

パフ:大岡さん
高橋さんのTwitter、確かに参考になります。でも、職サークルの出版とは切り分けて、個人でやってください(笑)。

スタッフより

「就職活動」というだけで身構えてしまう学生さんがたくさんいます。でも、大学選びを思い出してみてください。
ネットで情報を調べて、オープンキャンパスで雰囲気を感じて、その大学に通っている先輩の話を聞いてみて、高校の先生に相談して・・というように、色んな情報を集約して、自分に合うかどうかを判断したのではないでしょうか。
就職活動も同じです。
アナタがその会社に合うかどうかを一番分かるのは、アナタ自身。万人共有の正解はありません。
ぜひアナタだけの「解」を導いてください!

OTHER