職サークル

内定が出る12のヒミツ

01.就職マニュアル本は教えてくれない、意思決定のコツ

「内定を取ったら、そこで就職活動をやめるのか?」
「どこまでやったら、満足して就職活動を終えられるのか?」

就職活動では難しい判断・決断が要求されます。
今回はそんな「決断」について話をしたいと思います。


◆就職活動における決断

改めて「決断」とは、何でしょうか?

就職活動をしていて一番悩むのは「どの会社に入るか」を決断する時ではないかと思います。ある1社から内定をもらった人は「この会社でいいのだろうか」「ここで就職活動を止めてしまっていいのだろうか」と悩みます。複数内定を貰っても大変です。「どちらの会社がいいのか」や「他にまだいい会社があるのでは」と悩んでしまいます。

どんなに悩んでも、なかなか簡単には決められません。就職活動には沢山マニュアル本がありますが、どのマニュアル本もカバーしていない(と思われる)のが、この「決断」です。


◆なぜ悩むのか?

「どうすれば決断できるかわからない」、多くの場合がこの、考えられない状態(思考停止)に陥っているのではないでしょうか。この状態で無理やり結論を出そうとすると、表面的な情報(会社規模や条件、知名度等)で決めてしまったり、他人の意見で自分の意思が揺らいだり、ということが起こります。

この、「悩んでいる」状態を脱して「決断をする」には、以下のことを知る必要があると考えます。

1.判断基準( いわゆる「軸」)はなにか?
→自分が持つ判断基準が分からなければ、そもそも決められませんし、決断に納得性も出ません。どうすれば自分が納得がいくのかを知っておく必要があります。

2.判断材料は十分か
→次に、迷いを消していくためには、判断に必要な情報を収集することが必要です。情報が揃って初めて、決断を下すことができます。


◆決断に際しての留意点

この「決断」というもののは、これまでの学校教育では経験しない、多くの人にとって不慣れなものであります。私もパフに入社を決めるときには大変迷いました。

後悔をしない「決断」をするためには、留意しておくべきことがいくつかあります。

1.「答え」は与えられないことを知る
→迷った時、第三者に相談する人がいます。相談は上記の「判断材料」を収集するためにはよいことです。しかし、決断の時がきたら、自分で考えましょう。他者は、他者の価値観で思ったことを好きなように言えるのですし、決断に責任を取るわけではありません。「答え」を出すのは自分です。

2.「正解」はないことを知る
→「決断」は、試験問題とは違います。つまり「正解」がありません。
これこそ就職マニュアル本に「決断」のしかたが書かれていない理由でしょう。「正解」である保証がないからこそ、「この『決断』を、将来振り返ったときに『正解』だったと思えるようにしよう」という、覚悟と納得こそが重要です。

3.「周囲の承認・応援を得る」術を知る
→どんなに自分の判断材料が明確で、適切な判断材料をそろえた上で決断をしようとしても、決意が揺らぐことがあります。それが「周囲から承認・応援されない」時です。人間とは不思議なもので、周囲から反対されると迷ってしまいます。皆さんには、他者に答えを任せない強い意志と、周囲に承認・応援してもらうように働きかけ、時には説得する力が必要になります。


◆社会人は決断の連続?

よく「社会人生活は決断の連続」だと言われます。だからといって「学生は決断をしていない」ということはないでしょう。ただ、要求される決断のスピードや、決断による影響範囲の大きさが違う、というだけです。皆さんも意識的、あるいは無意識的に、普段の大学生活の中でさまざまな決断を行っているはずです。

社会で求められるのは「限られた時間」で「限られた情報」を元に、「正解」ではなく「自分の考え得る最適解」を導き出すという能力です。

そういう意味では、就職活動の決断というのは絶好の実践トレーニングです。
これを他人に委ねたり、迷っているだけで考えることを放棄してしまうのは非常にもったいないですよね。

決断の結果は何でもいいのです。大事なのは何を選んだか、ではなく「自分を納得させる術を知る」「決断したら迷わない」ということです。

OTHER