職サークル

#社会人と語る #たくさんの人と出会う

学生×企業人事×現場社員
たくさんの人と語り合う、
トークイベント!

はたらく準備、してますか?

就職活動は、順調ですか?

就職活動と言っても、エントリーシート対策や面接対策のことではありません。

社会人として、どのように生きていきたいのか、
どんな仕事に就きたいのかを考えるため、自分自身に向き合い、社会を知るという活動です。

「就活生はたらくサミット」は、はたらく準備に最適なイベント。

多くの企業人事、現場社員と出会い、自分自身の「はたらく」を考えて、伝えて、
そして色んな人の話を聞いて、皆さんの就業観を高めていってください。

★ 2019年度の開催は終了しました ★
たくさんのご来場、ありがとうございました!
VOICEには当日の参加者の感想、
下部にはレポートがありますので、ぜひご覧ください!

FLOW [ プログラムの流れ ]

01.【ワークショップ】

「あなたにとって、はたらくとは?」
社会人と学生が入り乱れて語り合う大規模座談会。

02.【トークセッション】

「社会は広いぞ大きいぞ/天職の探し方」
この広い社会で、運命の1社と出会うためにはどうすべき?
様々な人と価値観をぶつけ合い、自分なりの答えを導き出します。

03.【グループワーク】

「それぞれの問題解決!ソリューションフォーカス」
人事と学生の間には溝があるってホント?
いいえ、人として向き合えば溝なんてありません。
人生に役に立つ、前を向くための技術、
ソリューションフォーカスを学びながら
人事も学生も同じ目線に立って向き合ってみましょう。

◆特別講師
キャリアソリューショニスト 
本田勝裕氏(有限会社ポンタオフィス代表)
 ソリューションフォーカス 日本会議運営委員
 PHP研究所認定講師 ビジネスコーチ初級・コーチングファシリテータ
 大学講師実績 明治学院大学、甲南大学、北星学園大学、同志社大学、四天王寺大学
 NPO法人ドットジェイピー 顧問委員会メンバー(初代理事)

★レポート★

職サークル運営事務局・株式会社パフの内定者(大学4年生)が、参加者の一人としてレポートを書きました!ぜひご覧ください。

VOICE [ 参加者の声 ]

文理学部・3年・男子

自分の目標が誰のためになるのかを考えるきっかけとなった。
どんな選択をしても、それが自分にとって一番だと言えるような行動をしていきます。

経営学部・3年・男子

人事の方も様々な苦労をしていて、学生に対する理解を深めようとしていると気づいた。
これからは社会人とコミュニケーションをとる機会を積極的に増やしていく。
それから、若いうちだからこそ失敗するべきだと言われた。失敗は迷惑だと思っていたが、チャレンジしてみてもいいかもしれない。
そのときはムダだと思うことも、いつか必ず役に立つ、という言葉が響いた。

社会学部・3年・女子

天職は存在しないことが分かった。
だから、最高のファーストキャリアに出会うため、様々な人に出会い価値観を確かめていきたい。
働くことは「お金を稼ぐこと」と思っていたが、「楽しいかどうか」という観点も重要だと気づいた。
何か切り捨てて働くよりも、欲張るくらいの勢いがある方が自分を奮い立たせると思う。

生物資源科学部・3年・男子

自分の価値観ややりたいことを言葉にするのは、思っていたよりも難しいことに気付いた。
私の当たり前は、他者の当たり前とは違う。当たり前を見つめなおしたら、自分の良いところをもっと見つけられそうな気がした。

OTHER