職サークル

職サークル通信

運営メンバーであるパフからみなさんへ伝えたい想いや情報をのせて発信する職サークル通信。
受け取って終わり、ではなく、行動するキッカケをもたらす存在を目指してお送りしていきます。
どうぞよろしくお付き合いください!

職サークル通信

4

インタビュー

2019/08/16

社会人インタビュー
【この困難があったから今がある】
第2回:人材業界 (社会人4年目・女性)

職サークル運営事務局・パフの新入社員2人が、身近な社会人にインタビュー。
今の仕事やキャリア、時には人生そのものに繋がる
この困難があったから今がある」というエピソードを聞いてきました。

社会人インタビュー
【この困難があったから今がある】
第2回:人材業界 (社会人4年目・女性)

いつのどんな出来事ですか?

社会人1年目で個別指導塾の塾長候補として入社しました。その際に、受け持った受験生のうち1名が第一志望校不合格という結果になってしまったことです。

なぜそれは困難だったのですか?

その生徒は、夏期講習・冬期講習をはじめ、ほぼ毎日のように塾にきて、志望校合格に向けて懸命に取り組んでいました。しかし、その努力は報われませんでした。学習スケジュールを提案した自分自身に、強い責任を感じました。学校の試験結果を多角的に分析したり、宿題の解答状況を確認したり、志望校合格に向けて精一杯準備できていたつもりだったので、私自身ショックでした。不合格という結果が出た日から、毎日、自分自身を責め続けました。

その時はどんなことを感じて・考えていましたか?

「努力は必ず報われる」という言葉を私は信じるほうでしたが、なぜこんなに努力した子を合格させてくれなかったのかと、最初はやり場のない憤りを感じていました。
その生徒は部活動引退前に入塾し、誰よりも真面目に勉強をしていました。そんな子が、不合格。第一志望校入学の夢が閉ざされたことに、後悔の気持ちが溢れてきました。

その時はどんなことを感じて・考えていましたか?

「努力は必ず報われる」という言葉を私は信じるほうでしたが、なぜこんなに努力した子を合格させてくれなかったのかと、最初はやり場のない憤りを感じていました。
その生徒は部活動引退前に入塾し、誰よりも真面目に勉強をしていました。そんな子が、不合格。第一志望校入学の夢が閉ざされたことに、後悔の気持ちが溢れてきました。

なぜ乗り越えられたのですか?何が支えでしたか?

最初は乗り越えられるか不安でした。しかし、職場の先輩や同僚からの励ましのおかげで、過去に戻ることはできないけれども、未来はこれからの頑張り次第で変えることができる、と考え直すことができ、再出発の道に立つことができました。
そこからは、その生徒がこれからの高校生活を楽しく有意義にスタートできるように、入学後の勉強内容を先取りする時間を充実させることに注力しました。

 また、生徒本人と保護者の方も大変支えになりました。不合格という結果にも関わらず、「坂本先生に出会えて本当に良かったです。」という言葉をいただきました。結果がすべての受験において、志望校合格が果たせなかった私に、なぜそのようなことを言ってくださったのか、最初は分かりませんでした。でも、後ほど保護者の方からお電話で「第一志望の高校には合格できなかったけれど、それ以上に得たものが大きいと思っています。子ども自身が、坂本先生の塾でよかったと言っていましたから。」と教えていただきました。

今その困難を振り返ってどう思いますか?

当たり前ですが、塾では全生徒が志望校に合格できるようにサポートしていました。しかし、その生徒は合格させることができず、今でも悔いが残っています。しかし、「自分らしさを見つける」「学習することの楽しさを知る」この2つも、私の教室のテーマでした。この2つに関しては、多く学び取ってくれたのではないかと思っています。数年経ちますが、新しい夢のために自分らしく学んでいることを心より祈っています。
またこの経験から、とにかく話を最後まで丁寧に聞くことの重要性を学ぶことができました。これは現在の、大学生向けインターンシップ研修担当としての仕事にも活かされています。大学には、コミュニケーション能力に長けた学生もいれば、周囲と打ち解けるのに少し時間がかかる話下手な学生もいます。
様々な性格を持つ学生一人ひとりの話を最後まで聞き、それぞれが有意義にインターンシップを行えるよう研修内容を工夫したり、接し方も少し変えてみたり、必ず期待以上の結果をもたらすことができるように取り組んでいます。
***

【取材担当・サトミの感想】


自分自身の不合格より、教え子の不合格の方がずっと自分を責めてしまうものなのだと感じました。


それでもこの方が救われたのは、「合格はできなかったけれど、得たものが大きかったから」という言葉があったから。


結果はもちろん重要ですが、マインドやスタンスを学んでもらうことも、教える側は大切なんですね。


あと8ヶ月もしたら、後輩が入ってくる、、、私もそんな先輩になりたいと思ったインタビューでした。


***

今回の職サークル通信は以上です。
次回もお楽しみに!

☆今回の執筆者/里見 瑛梨奈(さとみ えりな)

新卒1年目(https://bit.ly/2JzV2XE

愛媛県出身、医療系大学出身のリケジョ。

☆職サークル通信編集長/清水 真理(しみず まり)

福岡県出身、新卒で入社し現在7年目(https://goo.gl/GvU1a9
生まれた時からホークス(野球)ファン、11歳から新選組ファン。

OTHER