職サークル

職サークル通信

運営メンバーであるパフからみなさんへ伝えたい想いや情報をのせて発信する職サークル通信。
受け取って終わり、ではなく、行動するキッカケをもたらす存在を目指してお送りしていきます。
どうぞよろしくお付き合いください!

職サークル通信

21

インタビュー

2019/12/27

社会人インタビュー
【この困難があったから今がある】
第6回:地域おこし協力隊員(社会人5年目・男性)

職サークル運営事務局・パフの新入社員2人が、身近な社会人にインタビュー。
今の仕事やキャリア、時には人生そのものに繋がる「この困難があったから今がある」というエピソードを聞いてきました。

社会人インタビュー
【この困難があったから今がある】
第6回:地域おこし協力隊員(社会人5年目・男性)

いつのどんな出来事ですか?

高校3年生の大学受験の時です。東大を目指して勉強していたのですが、落ちてしまいました。
元々宇宙に興味がありましたが高校の物理の先生が自分と合わず、一方で世界史の先生が好きだったこともあり世界史への興味が出てきました。
世界史を勉強する中で人間も一つの宇宙だなぁと感じました。
数学も純粋に好きだったこともあり、数学で人間の行動が説明できる、人間の活動を数字で表せることから経済を学びたい、と思うようになりました。
そんな理由で、東大の文二を目指していました。

なぜそれは困難だったのですか?

当時は1年生の時からずっと予備校に通い、これだけやって受からなかったら嫌だな、というぐらい勉強していました。
起きてる時間はほぼ勉強、部活もせず遊びもほどほどに、電車での通学時間で息抜きに読書をする、という感じでした。

その時はどんなことを感じて・考えていましたか?

試験を受けて、感触としては五分五分だったので、落ちるかもという覚悟はできていました。
落ちたと分かってからは、勉強したいことが勉強できないのが嫌だなー…、とぼんやり思っていました。
東大の後期を目指すのはセンター試験の結果的に難しかったので、「来年もう一回頑張るかな」、と考えていました。

どのように乗り越えましたか?

まず落ちたことに対しては、「テストの出来的に仕方ないな」と現実を受け入れました。
さてこれからどうしよう、と考えた時に「今の自分にとって一番成長に繋がりそうなことをしよう」と思った結果、予備校に通うのではなく大学生になることを選びました。
幸い後期で受験していた外大のフランス語科には合格することができていたのです。
仮面浪人してフランス語受験で東大も目指せるし、とも考えていました。

なぜ乗り越えられたのですか?

いざ大学に入ってみると、大学は面白い、と思いました。
日本全国から良い意味でおかしな人がいて、フランス語の勉強も思ったより大変で、とても充実していました。
忙しすぎて他のことを考える余裕もなく、東大受験することは次第に頭からすべり落ちていました。
しかし、経済学を学びたい、という気持ちは変わらず持ち続けており、3年生の時には編入試験で京大の経済学部を受けました。
この試験でも少し結果が足りずに落ちてしまいました。
ここで、外大でも経済の勉強はできるし、もし本当にしっかりやりたければ大学院もいける。
やりたいと思えばいくらでもチャンスはある。そう思って、整理がついた感じです。

今その困難を振り返ってどう思いますか?

人生ってなるようになるんだな、と思います。
道は1つしか選べないから、東大と外大どちらが良かったかなんて、誰にも分からない。
東大に行ったらそれはそれでよかったかもしれませんが、外大に行ったから今の自分があるとも感じます。
今自分が置かれた環境を最大限に活用して、できる限りのことをしていく。
それが大事なんだと思います。

新卒ではICT関連の一般企業に就職しましたが、3年で退職し今は地域おこし協力隊員として、広島県の離島で高校生の学習支援をメインにプログラミング教室・コーヒー屋さん・英会話教室・料理教室など、地域で色々な活動をしています。
地域の教育の発展を目指す、一般社団法人にも立ち上げから関わっています。
高校生やそれに関わる大人と接する中で感じるのは、挫折をした人の方が面白いということ。
生徒と接する時も、挫折経験があると話せることの幅が広がります。
今の自分は、高校生の挫折、悩みについて試行錯誤して一緒に成長しながら、人間という宇宙に接することができており、とても充実した日々を過ごしています。
***

【取材担当・ハスミンの感想】


人間・宇宙に対して飽くなき探求心を持ち、学び続ける。


自分の置かれた環境を受け入れながら、挑戦を続ける。


そんな純粋なひた向きさが、今もこの方が挑戦を続ける原動力になっているんですね。


***

☆今回の執筆者/岡崎 葉澄(おかざき はすみ)

新卒1年目(https://bit.ly/2YKsOj3

海外留学経験もあるグローバル女子。

社内でのニックネームは「はすみん」。

☆職サークル通信編集長/清水 真理(しみず まり)

福岡県出身、新卒で入社し現在7年目(https://goo.gl/GvU1a9

生まれた時からホークス(野球)ファン、11歳から新選組ファン。

OTHER