職サークル

職サークル通信

運営メンバーであるパフからみなさんへ伝えたい想いや情報をのせて発信する職サークル通信。
受け取って終わり、ではなく、行動するキッカケをもたらす存在を目指してお送りしていきます。
どうぞよろしくお付き合いください!

職サークル通信

32

対談

2020/03/06

その会社と自分が「合う」「合わない」って、判断できる?できない?

★いつでも前向き「ホワイトちゃん」と、何でも不安な「ブラックくん」。
 それぞれの立場で、テーマについて語ります!


★今回のテーマは『 その会社と自分が「合う」「合わない」って、判断できる?できない? 』
前回の「内定はたくさんある方がいい?1社からもらえれば十分?」の続きです。今回は、その会社が自分に合うかどうか、どうやったら判断できるのか語っています。ブラックくんとホワイトちゃんの議論をご覧ください!

相対的評価でいいの?

対談写真

<ブラック>
前回は、「内定はたくさんある方がいい?1社からもらえれば十分?」ってテーマで白熱したね…!
ホワイトちゃんは「選考中にその会社と自分が合っているのかを見極めるから、内定は1つでいい」っていう意見。
一方でボクは「相対的に選びたいから、できるだけたくさん内定を取りたい」、っていう意見だったよね。

<ホワイト>
そうだね!
ブラックくんの考えだと、「その会社が自分に合うか」より、「会社と会社を比べてどうか」っていう話になるわけだよね?

対談写真
対談写真

うん。
でも考えてみたら、ボクのやり方だと、その会社が自分に合うか合わないかって判断つかないかも…。
相対的に、とか、消去法で、って言ってたけど、どんな会社が自分に合うのかさっぱり分かってないからかなぁ。何を基準に比較すればいいか分かんないや…。
ホワイトちゃんは、どうやって見極めてるの?

正直、感覚で判断してるところもあるけど、コアにあるのは人と環境かな。
他には経営理念に共感できるかとか、社長の想いが社員にどれくらい浸透しているか、とか!
でも一番大事なのは、自分がその会社に入ってイキイキ働いているイメージが持てるか、ってことだと思う!

対談写真
対談写真

なるほど。実際それで、合う合わないって判断できる?

答えは自分の中にある

ワタシはできると思う!
たくさんの会社を見たり、社員に会ったりして、自分の価値観がその会社や社員と合ってるのか合っていないのか、見極めていけばいい!

対談写真
対談写真

そっかー。 でもそうは言っても、合う合わないってすごく感覚的なことだよね。 その時はぴったりと思えても、ホントのホントにそれが正解なのか、入るまで答え合わせはできないし。

そうだね。そもそも、正解なんてないんじゃないかな?
入ってみないと分からないところなんて、山ほどあるし。
そう考えると、今ある選択肢の中でより良いものを目指すのがいいんだと思う。
私は、自分にはどんな特徴があるか、どんな会社で働きたいか、どんどん言語化してる。

対談写真
対談写真

言語化、かぁ。さすがホワイトちゃん、難しい言葉を知ってるんだね。
うーん、ボクは「どうやって会社から自分を守るか」って視点で会社を見てるから…
例えば、「怒鳴られなさそう」「終電までには帰れそう」とかが、「合う会社」って思えばいいのかな…?

ちょっとちょっとブラックくん、そういうことじゃないよ!
例えば、「先輩後輩や立場関係なく、お互いが得意・不得意なことを認め合ってる」とか、「同僚とは仕事以外のプライベートでも深く関わる」とか、「仕事を進めていく上で一番大事にするのは、自社の利益よりもお客様のためになるかどうか」とか。
要は、勤務時間とか福利厚生とかのいわゆる「待遇」ではなくて、「価値観」とか「考え方」とか、そういうコアになる部分が合うかを見た方がいいと思うよ。

対談写真
結論!

いくら条件で会社を比べても、自分に合った会社は選べない。
大事なのは、自分自身の価値観や考え方が、その会社とフィットするか。
そして、イキイキ働いてるイメージが持てるかということ。

ブラックくん、最後は大きな勘違いにやっと気づいたみたいですね(笑)。



給料や福利厚生など、いわゆる「待遇面」だけで会社を比較するのは大きなリスクがあります。

というのも、これらは会社の業績が悪化したときに最初に見直される、簡単に変わってしまうものだからです。つまり、皆さんが入社するときに今と全く同じ待遇が用意されているか、誰にも保障できないということ。実際、バブル崩壊やリーマンショックといった経済危機のとき、福利厚生をカットした会社はたくさんあります。



自分を守ったり、不満を持たずに働くには、「待遇」はもちろん大切。

でも、それだけで入社する会社を選ぶのは危険です。



誰かによって簡単に変えられてしまうものではなく、自分の中にあるもの。

「自分の軸」が何で、「自分に合う」とは何なのか。

自分だけの基準を作って、それと照らし合わせて判断することが必要だと思います。

☆今回の執筆者/パフ新入社員 岡崎・里見

新卒1年目でパフに入社。
「グローバル女子(岡崎)」と「リケジョ(里見)」というだけでなく、
性格や考え方など、ありとあらゆる点が違うけれど、
(だからこそ?)仲良しな同期。
ブラックくんとホワイトちゃんは、実は2人のキャラそのままだったり…?!

☆編集長/清水 真理(しみず まり)

福岡県出身、新卒で入社し現在7年目。

生まれた時からホークス(野球)ファン、11歳から新選組ファン。

OTHER