職サークル

職サークル通信

運営メンバーであるパフからみなさんへ伝えたい想いや情報をのせて発信する職サークル通信。
受け取って終わり、ではなく、行動するキッカケをもたらす存在を目指してお送りしていきます。
どうぞよろしくお付き合いください!

職サークル通信

38

対談

2020/04/03

就活中って、友達に相談した方がいい?しない方がいい?

★いつでも前向き「ホワイトちゃん」と、何でも不安な「ブラックくん」。
 それぞれの立場で、テーマについて語ります!

友達に相談したら、マウンティングされる?!

対談写真

<ブラック>
ボクはねー、相談したくないかな。
だって進路とか就職先って、結構デリケートな問題だと思わない?
全部決まってからならまだしも、決まる前ってまだ試行錯誤の時期だし…。友達の話を聞けば聞くほど相手と比較しちゃって、自分は大丈夫かな?って不安になると思う。

<ホワイト>
そうなんだね。私は友達と話したい派。
いろいろ情報交換した方が、楽しめそうじゃない?
逆に一人で誰にも相談せずに就活してる方が、気分が落ちたりうまくいかないときに塞ぎ込んだりしちゃいそう・・・

対談写真
対談写真

楽しめそう、か…。
でも、どうせ「オレは○○銀行の三次まで進んでるんだけどさー、」とか「アタシはグルディス大好き、楽しいよね!」とかって話をされて、嫌でも自分がどれだけ劣ってるのか見せつけられる、ってことになりそうで怖いよ…。
ちなみにホワイトちゃんは、友達とどんなことを情報交換したいと思う?

なるほど。たしかに、どこを受けててどこまで進んでるとかの自慢話でマウント取られるのは嫌だね…。
ワタシはどっちかというと、あの会社のインターンが面白かったとか、すてきな先輩社員がいたとか、人事からもらった就活のアドバイスとか、そういう情報交換ができたらいいなって考えてたなー。
それに一人でやってると、自分だけの価値観でしか判断できないじゃん。
本やネットとかで情報を取ることはできるけど、自分の思考のクセとか、もっと違う視点とかは、今日の面接がどうだった、説明会がつまんなかったとか、そんな誰かとの話の中から見えてくるのかなって。

対談写真
対談写真

ホワイトちゃんが考えていた情報交換って、そういうことか!
でも、実際色んな人と情報交換してたら、知りたくない情報も入ってくるし、焦っちゃわないかな?どうやって対処したらいいと思う?

就活は「競争」じゃない

就活って、別に競争じゃないから、周りと比べて焦ったり誰かを妬ましく感じるものじゃないと思うんだ。それよりもっと大切な、何のために働くのか、っていう軸があれば、周りなんて関係ないんじゃないかな?その目的が曖昧で、とにかく内定もらう!とかだと、ブラックくんの言う通りツラくなるかも。

何のために働くのかだけじゃなくても、「自分が大事にしたいことってなんだろう」、「大企業に内定をもらうよりも、面接官に良い印象を与えるよりも、就活で成し遂げたいことってなんだろう」って考えてみれば、おのずと周りのノイズは気にならなくなるかもね。

対談写真
対談写真

確かに、就活ってある意味、運命の1社に出会うためにするものだもんね。 皆が受けてる大企業に受かるかどうかなんて、運命の1社に出会えるかに比べたらどうでもいいことなのかも。 …けどそうは言っても、実際に自分だけ内定ゼロ、とかになったら絶対ツラいなぁ。

たしかに、周りのみんながどんどん内定もらってるのに自分だけまだもらえていない、みたいな状況になったら焦りそうだね。

そんな時必要なのは、自分の味方になってくれる人を探すことかな?大親友でも親でも恋人でも。同じく就活を経験してる先輩とかもいいかもね!まあ、まずは自分であまり自分を追い込みすぎないことかな。

対談写真
対談写真

そうだね、確かに自分で自分を追い込みすぎない、は大切だね。
ま、もちろん味方になってくれる人もいたらいいけど…、友達は友達で必死だし、親は我が子にいい会社入って欲しいだろうし…。もしかしたら、そうやって人と関わるからこそ自分がツラくなることもあるんじゃないかな…?

ブラックくんがツラくなるのはどうして?
プレッシャーを感じるから?嫌なのに周りと比べてしまうから?
まずは、何に辛いかによって、関わる人を変えたらどうかな。
親なのか、友達なのか、はたまた普段の生活では全く関わらないキャリアカウンセラーなのか・・・
その時々によって、ブラックくんが「自分の居場所」と感じられる場所も、相談相手も変わって当然だと思う!
自分はダメだ…って1人でふさぎ込むんじゃなくて、身近ではなくても誰かに話を聞いてもらうことが、助けになることもあるかもよ!

対談写真
結論!

就活を友達や身の回りの人に相談するかは自由。
でも、身近な人や友達ではなくても、誰かと関わりながら就活をする方が、良いことが沢山ある!

ホワイトちゃんのような情報交換は、きっととても就活に役に立つ、プラスの影響を与えてくれると思います。

でもブラックくんみたいに、いつも関わっている相手だからこそ、身近にいるからこそ、相談も情報交換もしづらい…と感じてしまうこと、ありますよね。

いつもはあまり話さないお父さんやお母さん、たまにしか会えない地元の友達、大学のキャリアカウンセラーなど、自分が気楽に話せる相手が、気づかないところにいるかも知れません。

どうか皆さんには人と比べ過ぎず、悩み過ぎず、周りと関わりながら就活を乗り越えて欲しいです。

☆今回の執筆者/パフ新入社員 岡崎・里見

新卒1年目でパフに入社。
「グローバル女子(岡崎)」と「リケジョ(里見)」というだけでなく、
性格や考え方など、ありとあらゆる点が違うけれど、
(だからこそ?)仲良しな同期。
ブラックくんとホワイトちゃんは、実は2人のキャラそのままだったり…?!

☆編集長/清水 真理(しみず まり)

福岡県出身、新卒で入社し現在7年目。

生まれた時からホークス(野球)ファン、11歳から新選組ファン。

OTHER