職サークル

職サークル通信

運営メンバーであるパフからみなさんへ伝えたい想いや情報をのせて発信する職サークル通信。
受け取って終わり、ではなく、行動するキッカケをもたらす存在を目指してお送りしていきます。
どうぞよろしくお付き合いください!

職サークル通信

54

対談

2020/06/26

「優秀な学生」は減った?

★いつでも前向き「ホワイトちゃん」と、何でも不安な「ブラックくん」。
 それぞれの立場で、テーマについて語ります!

今の学生は「受け身」な人ばかり?

対談写真

<ブラック>
そのとおりだね!減ってると思うよ。
この前、10年以上採用担当をやってる人から聞いたんだけど、年々学生が「受け身」になってきてるんだって~。積極的で行動力があって元気な子は貴重で、正直、全体の質は下がってきてるって言ってた。

<ホワイト>
うーん、たしかに、元気やガッツというよりも、「協調性」とか「コミュニケーション能力」とかに優れた学生が増えているのかも。でも、だからって優秀な学生が減ったとは思わないな。むしろ、ワタシよりも大学で真面目に勉強してきた人ばかりで、尊敬する・・・(笑)。

対談写真
対談写真

勉強って意味でも、言われたことを言われた通りにやってきましたって感じ。人とのコミュニケーションでは周囲の目をかなり気にして、自分の意見を言う力が全然ないよね。

あ~それはあるかも!でもそれって、今の若い世代の特徴だと思うんだ。
スマートフォンが普及して、SNSが流行。情報の取捨選択の仕方なんて知らないままに、ネット上のコミュニケーションが当たり前の思春期を過ごしてきた。「いいね」をもらうとか、ちょっとの失言で「炎上」するとか、そんな”出る杭は打たれる”風潮のなかで、協調性が重んじられるのはごく自然なことだよ。

対談写真
対談写真

なるほどねぇ。たしかにボクたちと全く違うことは分かったよ。
でも、それじゃ仕事なんてやっていけないよ!
特にポテンシャル採用と言われる新卒採用では、元気やガッツが求められる。そもそも既存の社員が、「背中を見て学べ!」で仕事を叩き込まれてきたから、新人を育てる気が全然ないし。

大切なのは、多様性を認めること

価値観もそうだけど、育ってきた時代が私たちとは全く違うということは、認めていくべきなんじゃないかな。

対談写真
対談写真

でもそうやって甘やかしてきたから、要求だけは立派なんじゃないの? おしとやかそうに見せておいて、すぐに「パワハラ」「セクハラ」「残業は嫌だ」「育休は・・・」ってワガママばっかり。一人ひとりみんな違うことを言ってきて、会社に何でも求めてくる。

まあね、そういう保身的なところはあるかもしれない。SNSが普及したことによって、良いことだけではなくてネガティブなことも手軽に知れるようになったから、自分はそうなりたくないと思ってしまうのは自然なのかも。でもそれを判断する基準も人それぞれ。だから一概に優秀な学生が減ったとは言えないと思う。それに、いま求められている“優秀さ”というものは本当に元気やガッツなんだろうか?時代によって、求める要素って変わってくるんじゃないかな?

対談写真
対談写真

ボクはあまり好きじゃない言葉なんだけど、多様性っていうのかな、そういう捉え方が必要なのかなー。
元気やガッツがあればOK!みたいなステレオタイプな考え方は気を付けないと。

うんうん。人それぞれ多種多様だし、育ってきた環境も違えば、同時期の自分たちの状況とも全く違う。こちらも型にはまった評価をしないように気を付けないといけないね。

対談写真
結論!

優秀さは時代に合わせて変化していく。
会社ごとに“優秀”と評価される人も違う。

学生の方からすると、聞いていて気持ちのいい議論ではなかったかもしれません。

でも、この1年、私が実際に人事の方と話してきて、ブラック側とホワイト側どちらの意見の方もいました。

会社によって、人事の方によって、こんなにも捉え方が違うので、ぜひ「本当の自分」でぶつかってください。

会社によって態度を変えていたら、どこにも合わない自分になってしまう可能性もありますよ(笑)。

☆今回の執筆者/パフ新入社員 岡崎・里見

新卒2年目。
「グローバル女子(岡崎)」と「リケジョ(里見)」というだけでなく、
性格や考え方など、ありとあらゆる点が違うけれど、
(だからこそ?)仲良しな同期。
ブラックくんとホワイトちゃんは、実は2人のキャラそのままだったり…?!

☆編集長/清水 真理(しみず まり)

福岡県出身、新卒で入社し現在8年目。

生まれた時からホークス(野球)ファン、11歳から新選組ファン。

OTHER