職サークル

内定が出る12のヒミツ

03.食わず嫌いが、可能性を狭める

先日、生まれて初めて歌舞伎を見に行きました。

題名は『椿説弓張月』 http://www.youtube.com/watch?v=EptQwjwyhDA

曲亭(滝沢)馬琴の原作を、三島由紀夫が歌舞伎戯曲として書き上げたものだそうです。(当日wikipediaで調べたにわか知識です)

内容を書くと長くなってしまうのですが、端的に言うと「予想以上に面白く、歌舞伎に対する認識を根本から改める必要がある」と感じました。

見に行く前と、見た後での、歌舞伎に対する印象を比べるとこのような感じです。


◆見に行く前
・教養のある人にしかわからない、敷居が高い
・格式高くまじめ、古臭い、堅苦しい
・単調、つまらない

◆見た後
・イヤホンガイドがあり、初心者にもわかりやすい
・俗っぽいジョークやフィクションもあり、笑いどころ満載
・趣向を凝らした舞台転換など、ダイナミックで変化に富んでいる


いかがでしょう。皆さんに似た経験はありませんか?

別に私は、歌舞伎を見に行けと言っているのではありません。

ただ「食わず嫌い」が自分の可能性を狭めてしまうということを、自らの体験を反省材料にして、お伝えしたかったのです。

「食わず嫌い」が自分の可能性を狭める。会社探し・会社選びにも全く同じことが言えると思います。そもそもよく知らないのだから、食べてみればいい。予想外においしかったら、それでよし。まずかったら、飲み込まなければいいだけです。


<考えてみよう!>

・皆さんは、会社の名前、いくつ知っていますか?書き出してみましょう!
(ちなみに、大学3年生時の私は、お菓子・ビール・ゲームの会社くらいしか知りませんでした…数にして、20~30でしょうか)

・就職ナビに載っている会社は、どれくらいあると思いますか?

約1万社と言われています。

・新卒採用をしている会社は、日本に何社あると思いますか?

これは、諸説ありますが、2万社と言われています。

つまり、皆さんが就職活動で出会う会社は、ほぼすべて、皆さんにとっては「知らない、聞いたこともない会社」ということです。

「消費者としての暮らしの中で社名を知っている会社」だけを就職先候補と考えるのは、可能性を自ら閉ざしてしまうことになるのではないでしょうか。

皆さんはどう考えますか?

OTHER