職サークル

内定が出る12のヒミツ

04.最初から、志望業界は絞った方が良いですか?

最近、これから就職活動を始める大学3年生と話をする機会がありました。
私が新卒採用関連の仕事をしていることを伝えると、学生からこんな質問を受けました。

「最初から、志望業界は絞った方が良いですか?」

私は、少し意地悪な回答をしました。それは「あなたはどう思いますか」という回答です。なぜならば、上記のような質問には、絶対的にYESかNOかという「正解」がないからです。

就職活動は「自分で考え、行動して、決める」しかありません。周りから見て、「○○の方がいい」ではなく、主語を自分にして「~したい」「~すべきだと思う」と考えないと、どこかおかしくなってしまいます。

「そういうおまえはどうだったんだ」と言われると、大学3年生の時は、恥ずかしいくらい「正解」を追い求めていました。そんな私でも、就職活動を終える頃になると、主語を自分にして、自分の想いを、自分の言葉で語れるようになっていたのです。

今回は私が、どのように変わっていったのか、少しお話させていただこうと思います。


大学3年の冬に選考を進めていた企業は、企業規模・業種ともにばらばらでした。就職活動を始めた頃は「やりたいことと言われてもよく分からない。
でも自分に向いていることが必ずあるはずだし、早く業界をしぼらなきゃ!」と、かなり焦っていました。

焦り、志望業界について悶々と考えてみたわけですが…まったく思い浮かばない。今思えば当然で、どんな仕事があって、どんな企業があって、その仕事はどんな内容で、どんな特徴があって、ということが分からないのに選ぶことなんて、できるわけがないですよね。

これはまずい…と思い、社会人にインタビューをしたり、学内の企業説明会や、就職支援会社が開催するイベントや、企業のプレセミナーなど、可能な限り足を運びました。「社会人と1対1で必ず話す」という自分ルールを課し、規模・業界関係なく会社のこと、業界のこと、仕事のこと…とにかく調べて回りました。

そうこうしているうちに「自分の企業選びの基準」が磨かれていきました。
私自身の価値観では、企業の「規模・業界」ではなく「会社の社風・風土や、社員一人ひとりの業務の裁量」の方が重要なファクターであると考えるようになりました。その結果、選考を受ける企業の業界・規模はばらばらでしたが、その会社の志望動機は根底の部分は共通で、決してぶれることはありませんでした。


「最初から、業界は絞った方が良いですか?」

冒頭の質問。「自分で考え、行動して、決める」ためには、自分の目で見て、自分の耳で聞き、自分の足で情報を集める必要があります。逆に言うと、皆さんが考え抜いて、行動して経験を積んで出した結論であれば、何が正解で何が間違いということはありません。

自分の将来を左右する大事な就職活動です。正解を探すのではなく、自分自身で正解を作っていく、そんな姿勢が大切だと思います。慣れないうちは難しいことですが、大学受験とはちょっと違う、それが就職活動なんですよね。

OTHER