職サークル

内定が出る12のヒミツ

07.研修制度が整っている会社のほうが良いですか?

「研修制度がしっかりしていて、福利厚生も充実した会社で働きたい」こんな声をよく聞きます。皆さん、突然ですが「企業がなぜ福利厚生を充実させるか?」って考えたことがありますか。


私が考えるに、福利厚生を充実させる一番の理由は
「会社の業績を上げるため」です。

「社員の生活を豊かにするためじゃないんですか?」という声が聞こえてきそうですが、もうちょっと待ってください。

会社の業績を上げるためには、企業の競争力を高める必要があり、そのためには、(自社にとって)仕事に自分なりの付加価値をつけられる、いわゆる「優秀」な人材がたくさん必要です。

価値の高い人材というのは、どの企業もほしがるわけです。他社に引き抜かれてしまうかもしれません。企業は、価値の高い人材を確保し、継続的に自社のために働いてもらうために、福利厚生を充実させるのです。

福利厚生は、会社に価値を貢献している人が給与以外の形で受け取っている報酬だということがいえると思います。

「社員にイキイキと働いてもらうために、その環境を整備する」ということはとても大事ですが、それが目的ではありません。「良い人材を確保し、企業の競争力を高める」ための手段だということです。


考えてみましょう。

「福利厚生の充実した会社でないと働きたくない」
「会社に入ったら、自分をどう育ててくれるのか」
「研修制度が充実した会社で、じっくり育ててください」

こういう考え方は、社会人から見たらどう映るでしょう。

もちろん、福利厚生や雇用の条件で、働く会社を選ぶのは労働者の正当な権利です。しかし、その前にあなたが「会社に何らかの価値を貢献できる人」であることが大前提なんです。

ケネディも言っています。

「国があなたに何をしてくれるかではなく、あなたが国のために何をできるか考えてほしい」と。

「会社が何をしてくれるか」ばかり考えていませんか。
「会社に貢献できる価値」を考えてみませんか。

OTHER