職サークル

内定が出る12のヒミツ

01.「内定した」と「仕事ができる」は別の話(1)

「内定した」と「仕事ができる」は別の話。
学生時代の私はあまりにも未熟で、こんなことにも気づきませんでした。
この勘違いが治らないまま入社を迎えてしまうと、いろいろ問題が起きてしまいます。
入社後も苦しまないで済むためにはどうすればよいのか。
株式会社パフの社員(2009年入社)の体験談を見てみましょう。


働きたくない、サラリーマンになりたくない、世間知らず、やりたいこともわからない。こんな私でも、内定をもらうことができた。

内定してからは、週3日ほどのペースで、パフのインターンとして働いた。
インターンと言っても、業務体験などではなく、普通の社員と同じ業務をやっていた。

正直、インターンの時間は学校の授業よりも100倍楽しかった。

大学の友人たちは「まだ社会人になりたくない」「学生でいたい」「会社に入ったら自由がなくなる」と言っていた。彼らは2009年4月1日が「ノストラダムスが予言したこの世の終わり」であるかのように、遊びまくっていた。

僕にはそれが理解できなかった。「働く」ことが「つまらない義務」としか感じられないのか。だとしたら、ものすごく不幸なことだと思った。
(正直に告白すると一方で、そんな学生生活を謳歌している彼らを内心うらやましいと思っていた)

☆ ☆ ☆

仕事はいろいろやった。

当時パフが扱っていた就職媒体の取材でお客様の会社に訪問し、原稿を書くという仕事もした。「内定者にやらせていいのか?」と内心思ったが、文字を書くことは嫌いではなく、原稿の質が高いと褒められた。

職サークルのイベント運営補助や、採用アウトソーシング事業の事務補助などもやった。イベント運営も、PCを使った事務作業も、僅かではあるが経験があったので、それなりにうまくこなしていたと思う。

当時はメインの営業手法であった「テレアポ」もやった。諸先輩が「初めてやった時は1件もアポを取れなかった」「100件かけても1件とれるかどうか」と言っていたが、なんと僕は初日でアポが取れてしまった。しかも、20件くらいしかかけていない。

この程度で満足してはいけないと知りながらも「なんだ、こんなものか」と思った。

☆ ☆ ☆

採用支援の会社にいると「就職活動の裏側」が見えてくる。人事の方とお話しする機会も増える。「選考する側」の考えを詳しく知ることもできる。また、仕事で知り合った人事の方に、新入社員が入社後陥りがちな落とし穴や、気を付けておくべきことも教えてもらえた。

一般的な学生がなかなか知り得ないようなことを、仕事を通してたくさん学ぶことができたのだ。

そして、インターンの経験は、僕の中に傲慢さを生んだ。

「他の学生より一足先に社会人デビューしている」という優越感。
そして「俺は仕事ができる」という勘違い。

これが、良くなかった。

(つづく)

OTHER